「長尾重武名誉教授出版記念会」の報告

長尾_写真 4
11月3日 武蔵野美術大学新宿サテライトにおいて、長尾重武名誉教授が執筆されました「ピラネージ幻想の牢獄」出版記念会が行われました。
日月会のHPでもご紹介させていただいておりましたので、ご報告いたします。
長尾本鈴木明教授を司会に、ピラネージに造詣の深いゲストパネラーにとして横手善洋・小澤京子・岡田哲史の3名を招待し、唯一の実作の紹介から始まり、ピラネージとは誰なのかという話題に。
長尾_写真 5
この空想上の外部の様な牢獄内では、拷問をうけている人は少なく、普通に生活が行われているというような話も出る中、1時間のミニシンポジウムはあっという間に終了しました。
長尾_写真 1
その後、長尾先生らしくサックスの生演奏をバックにしたパーティーが開催され、小澤京子氏から3D映像化された『幻想の牢獄』も提供され、ピラネージナイトは盛り上がってゆきました。
長尾_写真 3

ピラネージ「牢獄」論 ー描かれた幻想の迷宮ー
長尾重武編著  中央公論美術出版  3万8000円+税
A4判上性函入 解説書300ページ 挿図234点 ファクシミリ版 30葉
是非 ご購入下さい。

以上 21期・会長 酒向 昇

“「長尾重武名誉教授出版記念会」の報告” への6件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です