グリッドの森[04] 改修前の4号館を歩く

ムサビの学生たちは、カビのようなものだ。 というのが4号館を撮影していて感じていたことです。 あるいは、カビの媒介者。こちらの方が正しいのかもしれません。 いずれにしてもそのカビはしつこくタフ、放っておくとどんどん侵蝕し 続きを読む…

グリッドの森[03] 改修前の4号館を歩く

「なぁんだ、つまらない」 男子便所の方が小便器があるぶんまだ絵になるな。 これがカメラマン(私・男)が4号館女子便所にいだいたの最初の印象です。 湿り気はあるものの、ひなびたプールや海水浴場のシャワー室といった風情。 そ 続きを読む…

グリッドの森[02] 改修前の4号館を歩く

今回は女子便所の手洗です。 といっても意匠的には男子便所と変わりありません。 違いは手洗が2つ並んでいること。(男子の方は1つ) 向かって左側の方が使用頻度が高いことがうかがえます。 台湾映画『恐怖分子』(監督エドワード 続きを読む…

 グリッドの森[01] 改修前の4号館を歩く

4号館がリニューアルされ、この4月からはまっさらな姿で中央広場にのぞんでいます。 このコーナーではリニューアル直前の4号館、つまり、まだ長年の雨風、学生たちの手垢、がこびりついたままの4号館を、てくてく歩いてみたいとおも 続きを読む…