日月会概要
CONCEPT

日月会は武蔵野美術大学造形学部建築学科を卒業した人、大学院造形研究科建築コースを修了した人が入会する同窓会です。
第1回の建築学科卒業生が卒業した1968年(昭和43年)に設立され、2019年現在、会員総数3,800人を超える組織となりました。
日月会の活動は、同窓会として会員相互の親睦を深めるとともに、会員情報をサービスする他、建築学科研究室と協力して、母校の建築学科の発展を目指して活動しています。
また、日月会は武蔵野美術大学の同窓会である武蔵野美術大学校友会の支部のひとつとしても位置づけられています。

名   称: 日月会
事務局住所: 〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
武蔵野美術大学造形学部建築学科内

日月会のあり方
STRUCTURE

「日月会」の大きな円の中には、会の運営を行う「執行部」という円や、様々な活動を行う会員の集う場所・発信の場所としての「フォロ」などの円があります。
「執行部」は会員相互の親睦を深めるような企画を実施しながら「各フォロ」や会員の活動サポートなどを行なっています。
また日月会全体に対して、会員の意見の汲み上げや提言を行なうなどを目的とした「会員の代表者の集まり(10期毎の代表者の集まり)」が定期的な意見交換を行う場として「プレフォロ」という円があります。

「執行部」「会員による各フォロ」「会員の代表者の集まりとしてのプレフォロ」の間には上下の関係を持たせることなく、日月会全体の活動をより充実したものとするために相互に関係し合うものとして組織されています。

日月会の歴史
HISTORY

西暦和暦 日月会 建築学科
1964S.39 ・造形学部産業デザイン学科に建築デザイン専攻を設置
・初代主任教授に芦原義信就任
1965S.40 ・造形学部に建築学科を開設
1968S.43 ・建築学科第1期卒業
・日月会設立
・会長に児島学敏(1期)就任
1970S.45 ・主任教授に織本匠就任
1971S.46 ・坂本一成就任
1973S.48 ・建築学科創立10周年(記念式典 於大学)
・大学院造形研究科(修士課程)を開設
1975S.50 ・大学院1期生修士課程修了
1983S.58 ・建築学科創立20周年(記念同窓会大学及び山中湖)
1984S.59 ・寺田秀夫教授還暦を祝う会 ・坂本一成退任
・源愛日児就任
1985S.60 ・立花直美就任
1986S.61 ・織本匠退任
1987S.62 ・織本匠『架構』出版記念会
1988S.63 ・長尾重武就任
1992H.4 ・芦原義信名誉教授文化功労者顕彰を祝う会
1993H.5 ・建築学科開設30周年(記念講演会、祝賀会)
1995H.7 ・竹山実教授・保坂陽一郎教授 還暦を祝う会
・寺田秀夫退任
・主任教授に保坂陽一郎就任
・宮下勇就任
1996H.8 ・断面展1996開催(建築学科1964 - 1998作品展)
1998H.10 ・日月会リニューアル委員会発足
1999H.11 ・日月会総会
・会長に須藤和由(6期)就任
・主任教授に竹山実就任
・長尾重武学長に就任
2000H.12 ・日月会建築賞を創設
2003H.15 ・建築学科開設40周年(展覧会、記念講義、退任記念懇親会など)
・日月会ウェブサイトリニューアル
2004H.16 ・竹山実、保坂陽一郎退任
・高橋晶子、布施茂就任
・客員教授に土屋公雄就任
・主任教授に立花直美就任
2005H.17 ・武蔵野美術大学建築学科『芦原義信賞』『竹山実賞』の設定
2006H.18 ・会長に青山恭之(14期)就任
2007H.19 ・長尾重武学長を退任
・主任教授に宮下勇就任
・客員教授に野沢正光就任
2009H.21 ・会長に更田邦彦(16期)就任
・日月会ホームページリニューアル
・フォルマ・フォロセミナー 第1回
 坂本一成先生(建築家)
・特任教授に長谷川浩己就任
・客員教授にアストリッド・クライン就任
・主任教授に源愛日児就任
2010H.22 ・フォルマ・フォロセミナー 第2回
 竹山実先生(建築家)
・フォルマ・フォロセミナー 第3回
 長谷川堯先生(建築史家)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第1回
・立花直美退任
・准教授に菊地宏就任
2011H.23 ・フォルマ・フォロセミナー 第4回
 保坂陽一郎先生(建築家)
・フォルマ・フォロセミナー 第5回
 中村好文(建築家、5期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第2回
・主任教授に高橋晶子就任
2012H.24 ・フォルマ・フォロセミナー 第6回
 真壁智治(プロジェクトプランナー、2期)
・フォルマ・フォロセミナー 第7回
 相沢韶男(民俗学徒、1期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第3回
2013H.25 ・会長に酒向昇(21期)就任
・フォルマ・フォロセミナー 第8回
 長尾重武先生(建築史家)
・フォルマ・フォロセミナー 第9回
 宮下勇先生(建築家、1期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第4回
2014H.26 ・武蔵野美術大学建築学科『芦原義信賞』終了
・武蔵野美術大学建築学科設立50周年記念式典開催
・『武蔵野美術大学建築学科設立五十周年記念誌 設計課題を語る』発行
・フォルマ・フォロセミナー 第10回
 遠藤信行(TOTOギャラリー・間代表、14期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第5・6回
・『武蔵野美術大学建築学科設立五十周年記念誌 地平線を超えて』発行
・宮下勇退任
・鈴木明就任
・主任教授に布施茂就任
2015H.27 ・フォルマ・フォロセミナー 第11回
 木岡敬雄(竹林舎建築研究所代表、15期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第7回
・長尾重武退任
2016H.28 ・武蔵野美術大学建築学科『竹山実賞』終了
・フォルマ・フォロセミナー 第12回
 林美樹(Studio PRANA代表、16期)
・ホーム・カミング・ディ「分断されたキャンパス/14号館見学会」
・野沢正光客員教授を退任
・客員教授に横河健就任
2017H.29 ・武蔵野美術大学建築学科『長尾重武賞』の設定
・会長に小津誠一(23期)就任
・フォルマ・フォロセミナー 第13回
 大島芳彦(ブルースタジオ専務取締役、27期)
・日月会 夜塾 第0回
・小西泰孝就任
・主任教授に鈴木明就任
2018H.30 ・フォルマ・フォロセミナー 第14回
 宮崎晃吉(建築家/株式会社HAGI STUDIO 代表取締役)
・サロン風月2018
 対談「ムサビ建築群の価値と四方山話」(松永安光×鈴木明)
・日月会 夜塾 第1回

会員について
MEMBER

  • 正会員

    武蔵野美術大学建築学科の全卒業生および武蔵野美術大学大学院造形研究科建築コースの全修了生、または同学科もしくは同コースに在籍したことのある者で本会に届け出た者

  • 準会員

    武蔵野美術大学建築学科の全入学生および武蔵野美術大学大学院造形研究科建築コースの全入学生、または同学科もしくは同コースに在籍したことのある者

  • 特別会員

    武蔵野美術大学建築学科の教職員および在籍した教職員

  • 名誉会員

    本会に功労のあった者で、正会員が推薦し総会にて承認を得た者。ただし名誉会員は、入会金・会費を納めることを要せず、総会に参加はできるが議決権を有しない。
    名誉会員の一覧はこちら >

  • 賛助会員

    本会の事業の趣旨に賛同し援助する個人または法人で、本会に届け出をした上、執行部会にて承認を得た者。ただし賛助会員は、規則に定めた賛助会費を納めなければならない。また賛助会員は総会に参加できるが発言権・議決権を有しない。
    賛助会員の申込はこちら >

  • *日月会会則第二章第5条(会員の定義)

会費について
DUE

会長挨拶
GREETING

平成28年度より会長をお引き受けいたしました23期の小津誠一です。
酒向前会長や日月会の諸先輩方が築いてきた同窓会活動を継承しつつ、卒業生と在校生はもちろんのこと、武蔵野美術大学建築学科の発展を目指して、日月会運営に努めていきたいと思います。
特に私が地方都市・金沢を中心に活動していることもあり、日月会の活動も全国各地へと拡げられるよう努力していく所存です。

さて、去る3月25日に開催されました総会におきまして、平成29年度の活動計画と予算案が承認され、会報(フォルマ・フォロ)の発行や日月会主催の以下のイベントを今年度も実施していくことになりました。

・フォルマ・フォロ セミナー
・日月会建築賞
・ホーム・カミング・デイ
・日月会夜塾 ※新企画

新執行部一同円滑な運営に努めて参ります。
今年度も日月会への一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

平成29年4月
日月会会長 小津誠一

執行部
EXECUTIVE

役員

会長 小津 誠一 23期 E.N.N.
副会長 石井 健 26期 ブルースタジオ
副会長 井手 孝太郎 22期 アールテクニック
副会長 小澤 祐二 40期 ピークスタジオ
事務局長 石井 大吾 37期 石井大吾デザイン室
副事務局長 乙坂 孝 36期 オトサカアーキテクツ
会計役 熊井 麗 32期 クマイ商店

監査

監査役 高津 尚悟 21期 日経BP
監査役 大山 啓 35期 タトデザイン

委員

広報委員(会報) 小田 権史 46期 トレカーサ
広報委員(会報) 竹島 兄人 47期 武蔵野美術大学造形学部建築学科
広報委員(HP) 田原 唯之 40期 武蔵野美術大学造形学部建築学科
企画委員 鈴木 明 10期 武蔵野美術大学造形学部建築学科
企画委員 鈴木 竜太 36期 サンゴデザイン
企画委員 礒崎 裕生 48期 武蔵野美術大学造形学部建築学科
記録委員 篠原 乃生子 25期 アトリエノブリル
プレフォロ委員・相談役 酒向 昇 21期 竹中工務店

顧問

顧問 小林 敦 18期 武蔵野美術大学造形学部建築学科

運営方針
OPERATION POLICY

今年度の主な事業計画を列記します。
別途、今年度の事業計画案予算計画書も合わせて、是非ご一読いただければ幸いです。

  • 1)フォルマ・フォロセミナー

    第14回 平成30年4月21日開催
    講師:宮崎 晃吉氏(建築家/株式会社HAGI STUDIO 代表取締役)
    開催場所:武蔵野美術大学デザインラウンジ(六本木ミッドタウンタワー5階)

  • 2)日月会建築賞

    今年度で第20回目の開催です。学部3年生前期の課題作品を対象とし、日月会正会員による審査により、太陽賞・満月賞・三日月賞・新月賞の4賞を授与します。上記四賞以外の作品から、昨年の日月会賞受賞者より送られる七夕賞と、学部2年生を対象とした日月会賞も授与されます。

  • 3)「ホーム・カミング・デイ」(全体同窓会)の開催

    日月会会員の交流を図り、さらに研究室のプロモーションや現役学生との連携を築くことを目的に、平成22年度から日月会全体の懇親会を芸祭期間中に開催しています。

  • 4)日月会夜塾

    OBと在校生が同じ目線で語り合える場づくりを目標に、日月会会員(OB)が複数名集い、在校生と共に学生時代のこと、仕事のことなどを語り合える夜塾を開催します。

  • 5)ホームページ・ブログの拡充/メールマガジンの定期配信

    ホームページはもちろん、Facebookなども活用し、イベントやコンテンツのページを拡大するとともに、ブログもそれらとリンクして、皆さまへの情報提供をより広げてまいります。
    また、メールマガジンもこれまで通り配信して、日月会からのお知らせを、より多くの会員に届けていきます。

  • 6)求人情報の活用促進

    会員はもちろん会員以外からの求人情報も扱うとともに、学生からのアルバイト要請やオープンデスクやインターン要請にも応じられるようにするなど、このページが有効に機能するよう努めます。

  • 7)新規フォロの活動支援

    平成23年度から、プレ・フォロに加え「歴文・フォロ」が新たに開設されました。こちらの活動告知やメンバー募集の支援を行うとともに、新たなフォロの開設のサポートも行っていきます。

総会報告
REPORT

各年度末に開催される日月会総会にて承認された議案は下記の通りとなります。
各議案についてはPDFファイルとしてダウンロードしていただけます。

CONSTITUTION

会則

2014年3月29日総会の結果、2014年4月1日より改訂になりました。

PRIVACY POLICY

個人情報保護方針

下記の通り、個人情報保護方針を2014年1月11日に制定いたしました。

特定商取引法に基づく表記