日月会概要
CONCEPT

日月会は武蔵野美術大学造形学部建築学科を卒業した人、大学院造形研究科建築コースを修了した人が入会する同窓会です。
第1回の建築学科卒業生が卒業した1968年(昭和43年)に設立され、2019年現在、会員総数3,800人を超える組織となりました。
日月会の活動は、同窓会として会員相互の親睦を深めるとともに、会員情報をサービスする他、建築学科研究室と協力して、母校の建築学科の発展を目指して活動しています。
また、日月会は武蔵野美術大学の同窓会である武蔵野美術大学校友会の支部のひとつとしても位置づけられています。

名   称: 日月会
事務局住所: 〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
武蔵野美術大学造形学部建築学科内

日月会のあり方
STRUCTURE

「日月会」の大きな円の中には、会の運営を行う「執行部」という円や、様々な活動を行う会員の集う場所・発信の場所としての「フォロ」などの円があります。
「執行部」は会員相互の親睦を深めるような企画を実施しながら「各フォロ」や会員の活動サポートなどを行なっています。
また日月会全体に対して、会員の意見の汲み上げや提言を行なうなどを目的とした「会員の代表者の集まり(10期毎の代表者の集まり)」が定期的な意見交換を行う場として「プレフォロ」という円があります。

「執行部」「会員による各フォロ」「会員の代表者の集まりとしてのプレフォロ」の間には上下の関係を持たせることなく、日月会全体の活動をより充実したものとするために相互に関係し合うものとして組織されています。

日月会の歴史
HISTORY

西暦和暦 日月会 建築学科
1964S.39 ・造形学部産業デザイン学科に建築デザイン専攻を設置
・初代主任教授に芦原義信就任
1965S.40 ・造形学部に建築学科を開設
1968S.43 ・建築学科第1期卒業
・日月会設立
・会長に児島学敏(1期)就任
1970S.45 ・主任教授に織本匠就任
1971S.46 ・坂本一成就任
1973S.48 ・建築学科創立10周年(記念式典 於大学)
・大学院造形研究科(修士課程)を開設
1975S.50 ・大学院1期生修士課程修了
1983S.58 ・建築学科創立20周年(記念同窓会大学及び山中湖)
1984S.59 ・寺田秀夫教授還暦を祝う会 ・坂本一成退任
・源愛日児就任
1985S.60 ・立花直美就任
1986S.61 ・織本匠退任
1987S,62 ・織本匠『架構』出版記念会
1988S.63 ・長尾重武就任
1992H.4 ・芦原義信名誉教授文化功労者顕彰を祝う会
1993H.5 ・建築学科開設30周年(記念講演会、祝賀会)
1995H.7 ・竹山実教授・保坂陽一郎教授 還暦を祝う会
・寺田秀夫退任
・主任教授に保坂陽一郎就任
・宮下勇就任
1996H.8 ・断面展1996開催(建築学科1964 - 1998作品展)
1998H.10 ・日月会リニューアル委員会発足
1999H.11 ・日月会総会
・会長に須藤和由(6期)就任
・主任教授に竹山実就任
・長尾重武学長に就任
2000H.12 ・日月会建築賞を創設
2003H.15 ・建築学科開設40周年(展覧会、記念講義、退任記念懇親会など)
・日月会ウェブサイトリニューアル
2004H.16 ・竹山実、保坂陽一郎退任
・高橋晶子、布施茂就任
・客員教授に土屋公雄就任
・主任教授に立花直美就任
2005H.17 ・武蔵野美術大学建築学科『芦原義信賞』『竹山実賞』の設定
2006H.18 ・会長に青山恭之(14期)就任
2007H.19 ・長尾重武学長を退任
・主任教授に宮下勇就任
・客員教授に野沢正光就任
2009H.21 ・会長に更田邦彦(16期)就任
・日月会ホームページリニューアル
・フォルマ・フォロセミナー 第1回
 坂本一成先生(建築家)
・特任教授に長谷川浩己就任
・客員教授にアストリッド・クライン就任
・主任教授に源愛日児就任
2010H.22 ・フォルマ・フォロセミナー 第2回
 竹山実先生(建築家)
・フォルマ・フォロセミナー 第3回
 長谷川堯先生(建築史家)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第1回
・立花直美退任
・准教授に菊地宏就任
2011H.23 ・フォルマ・フォロセミナー 第4回
 保坂陽一郎先生(建築家)
・フォルマ・フォロセミナー 第5回
 中村好文(建築家、5期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第2回
・主任教授に高橋晶子就任
2012H.24 ・フォルマ・フォロセミナー 第6回
 真壁智治(プロジェクトプランナー、2期)
・フォルマ・フォロセミナー 第7回
 相沢韶男(民俗学徒、1期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第3回
2013H.25 ・会長に酒向昇(21期)就任
・フォルマ・フォロセミナー 第8回
 長尾重武先生(建築史家)
・フォルマ・フォロセミナー 第9回
 宮下勇先生(建築家、1期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第4回
2014H.26 ・武蔵野美術大学建築学科『芦原義信賞』終了
・武蔵野美術大学建築学科設立50周年記念式典開催
・『武蔵野美術大学建築学科設立五十周年記念誌 設計課題を語る』発行
・フォルマ・フォロセミナー 第10回
 遠藤信行(TOTOギャラリー・間代表、14期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第5・6回
・『武蔵野美術大学建築学科設立五十周年記念誌 地平線を超えて』発行
・宮下勇退任
・鈴木明就任
・主任教授に布施茂就任
2015H.27 ・フォルマ・フォロセミナー 第11回
 木岡敬雄(竹林舎建築研究所代表、15期)
・ホーム・カミング・ディ 日月進歩 第7回
・長尾重武退任
2016H.28 ・武蔵野美術大学建築学科『竹山実賞』終了
・フォルマ・フォロセミナー 第12回
 林美樹(Studio PRANA代表、16期)
・ホーム・カミング・ディ「分断されたキャンパス/14号館見学会」
・野沢正光客員教授を退任
・客員教授に横河健就任
2017H.29 ・武蔵野美術大学建築学科『長尾重武賞』の設定
・会長に小津誠一(23期)就任
・フォルマ・フォロセミナー 第13回
 大島芳彦(ブルースタジオ専務取締役、27期)
・日月会 夜塾 第0回
・小西泰孝就任
・主任教授に鈴木明就任
2018H.30 ・フォルマ・フォロセミナー 第14回
 宮崎晃吉(建築家/株式会社HAGI STUDIO 代表取締役)
・サロン風月2018
 対談「ムサビ建築群の価値と四方山話」(松永安光×鈴木明)
・日月会 夜塾 第1回

会員について
MEMBER

  • 正会員

    武蔵野美術大学建築学科の全卒業生および武蔵野美術大学大学院造形研究科建築コースの全修了生、または同学科もしくは同コースに在籍したことのある者で本会に届け出た者

  • 準会員

    武蔵野美術大学建築学科の全入学生および武蔵野美術大学大学院造形研究科建築コースの全入学生、または同学科もしくは同コースに在籍したことのある者

  • 特別会員

    武蔵野美術大学建築学科の教職員および在籍した教職員

  • 名誉会員

    本会に功労のあった者で、正会員が推薦し総会にて承認を得た者。ただし名誉会員は、入会金・会費を納めることを要せず、総会に参加はできるが議決権を有しない。
    名誉会員の一覧はこちら >

  • 賛助会員

    本会の事業の趣旨に賛同し援助する個人または法人で、本会に届け出をした上、執行部会にて承認を得た者。ただし賛助会員は、規則に定めた賛助会費を納めなければならない。また賛助会員は総会に参加できるが発言権・議決権を有しない。
    賛助会員の申込はこちら >

  • *日月会会則第二章第5条(会員の定義)

会費について
DUE

会長挨拶
GREETING

平成28年度より会長をお引き受けいたしました23期の小津誠一です。
酒向前会長や日月会の諸先輩方が築いてきた同窓会活動を継承しつつ、卒業生と在校生はもちろんのこと、武蔵野美術大学建築学科の発展を目指して、日月会運営に努めていきたいと思います。

さて、平成31年3月に開催されました総会におきまして、本年度(平成31年・令
和元年度)の活動計画と予算案が承認され、会報(フォルマ・フォロ)の発行や
日月会主催イベントや共催イベントを今年度も実施していくことになりました。

これらに加えて、今年度は日月会の関西方面の会員による関西フォロの発足を目指したいという嬉しい計画もあります。

全国各地から学生があつまり、卒業生も各地で活躍されている日月会では、その活動を全国各地へと拡げられるよう、今後とも執行部一同努めてまいります。

今年度も日月会への一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

平成31年4月
日月会会長 小津誠一

執行部
EXECUTIVE

役員

会長 小津 誠一 23期 E.N.N.
副会長 石井 健 26期 ブルースタジオ
副会長 井手 孝太郎 22期 アールテクニック
副会長 小澤 祐二 40期 ピークスタジオ
事務局長 石井 大吾 37期 石井大吾デザイン室
副事務局長 乙坂 孝 36期 オトサカアーキテクツ

監査

監査役 小林 康夫 11期 小林康夫・建築設計事務所
監査役 大山 啓 35期 タトデザイン

委員

広報委員(会報) 小田 権史 46期 トレカーサ
広報委員(HP) 田原 唯之 40期 武蔵野美術大学造形学部建築学科
企画委員 鈴木 竜太 36期 サンゴデザイン
企画委員 星野 千絵 42期 コバルトデザイン
記録委員 篠原 乃生子 25期 アトリエノブリル
プレフォロ委員・相談役 酒向 昇 21期 竹中工務店

顧問

顧問 小林 敦 18期 武蔵野美術大学造形学部建築学科

運営方針
OPERATION POLICY

今年度の主な事業計画を列記します。
別途、今年度の事業計画案予算計画書も合わせて、是非ご一読いただければ幸いです。

1)日月会会費募集

・概  要 新入生および新2年生の日月会会費の募集を実施
・実施時期 入学式で案内、会費募集
・実施方法 研究室、および銀行振込、カード決済
・収  支 収入:1,500,000円

2)日月会執行部会

・概  要 執行部員が定例会を開催し、事業計画の実施のための会議を行います
・実施時期 概ね毎月1回
・実施方法 会長が指定する会場、もしくはオンラインにて開催
・収  支 収入:0円 / 支出:対面開催の場合は、出席委員の交通費実費

3)日月会ウェブサイト

・概  要 公式ウェブサイトへの各種イベント等の告知、報告掲載、等の更新
・実施時期 随時
・収  支 収入:0円 / 支出:93,171円(サーバーレンタル費、サイト管理費)

4)日月会学生支援募金公募

・概  要 緊急学修支援プログラムを間接的に支援いただく意味で、日月会への寄付金を正会員に公募する。公募額:10,000円/30,000円/50,000円/100,000円
・実施時期 公募開始 3月~9月 ※延長の可能性あり
・実施方法 日月会ウェブサイトよりカード決済または銀行振込
・収  支 収入:0円(目標:50万円) / 支出:決済手数料

5)日月会夜塾online

・概  要 日月会正会員と学生の交流の場として、学業や建築、仕事などについて語り合う
・実施時期 年4回開催
・実施方法 当面はオンライン開催
・収  支 収入:0円 / 支出:40,000円

6)日月会建築賞

・概  要 3年生の前期課題を対象に、日月会正会員が講評を行い、優秀者を表彰する
・実施時期 7月後半
・実施方法 鷹の台キャンパスにて開催(コロナ渦状況によってはオンライン開催)
・収  支 収入:0円 / 支出:60,000円(受賞者景品、表彰状、等)

7)会報誌フォルマフォロ vol.20

・概  要 フォルマフォロPDFの発行。紙媒体は300部発行
・実施時期 PDF配付:令和4年3月末
・実施方法 年度初頭にPDF発行への切り替えを周知し、ウェブサイトとメールにて配付
・収  支 収入:0円 / 支出:155,000円(デザイン料、執筆依頼費、300部印刷費、等)
※PDF化告知は郵送にて行うため郵送関連費で別途34.5万円を支出予定

8)第16回フォルマフォロ・セミナー

・概  要 ゲスト講師を招きセミナーを秋期に開催
参加者数限定の会場開催と参加者無制限のオンライン参加のハイブリッド開催

会場料金
一般:2,000円、正会員:1,500円、一般学生:1,000円、準会員:無料

オンライン料金
一般:1,000円、正会員:750円、一般学生:500円、準会員:無料
・実施時期 9月~11月
・実施方法 都内会場およびオンライン配信
・収  入 125,000円(会場参加50名、オンライン参加70名)
・支  出 250,000円(講師謝礼、会場費、懇親会費、動画配信、等)

9)長尾重武賞(建築学科との共催)

・概  要 日月会正会員による公募作品により長尾重武賞の開催
・実施時期 1月中旬 建築祭と同時開催
・収  支 収入:0円 / 支出:参加執行部交通費

10)DX推進化

・概  要 オンライン会議ツール、チャットツールなどを導入し、日月会運営のデジタル化の推進。およびウェブサイトの運営費削減のためサーバーを移管。
・実施時期 令和3年度中
・収  支 収入:0円 / 支出:300,000円

総会報告
REPORT

各年度末に開催される日月会総会にて承認された議案は下記の通りとなります。 各議案についてはPDFファイルとしてダウンロードしていただけます。

CONSTITUTION

会則

2019年3月23日総会の結果、2020年4月1日より改訂になりました。

PRIVACY POLICY

個人情報保護方針

下記の通り、個人情報保護方針を2014年1月11日に制定いたしました。

LEGAL NOTICE

特定商取引法に基づく表記